児童文学

【書評】魔女と少年*きかせたがりやの魔女

すごくすごく
好きなお話しでした!!!!!!

岡田淳さんの本を
先ごろ集中的に
バーッと読んだりもしたので

パターンといいますか
流れといいますか

そういう感じに

正直ちょっと飽きていました。
(勝手に失礼すぎます。。。ゴメンナサイ)

でもでも
このお話しすごくよかった。

はたこうしろうさんの
さし絵もすっごくよかった。

お話しの世界の
主人公の男の子の雰囲気
はたこうしろうさんの絵にピッタリ!

ここは
岡本淳さんの絵ではなく
はたこうしろうさんで大正解!
(って,またしても失礼。。。ゴメンナサイ)

岡田淳さんの本の中で
こそあどの森 シリーズと
同じくらい好きなお話しとなりました。

ここからは
*ネタバレ注意*




各小学校に
たいてい一人いるという
魔女や魔法使い。

その各小学校の魔女と
魔法使いから
聞いたお話しを

退職した(!)
魔女がお話ししてくれます。

そう彼女が
きかせたがりの魔女。

きかせる相手は
どこにでもいる普通の男の子。

なぜお話しをきかせたがるのか。
なぜ彼だったのか。

偶然だったのか。
必然だったのか。

魔女の思いだったのか
彼の願いだったのか。

「チヨジョさん、ぼく、五年生だったんだよ。」
(本文より)

この一言で
この物語は完璧に完全に仕上がった!

あーもう!
グッとくる!!!!

お気に入り:5 votes, average: 4.20 out of 55 votes, average: 4.20 out of 55 votes, average: 4.20 out of 55 votes, average: 4.20 out of 55 votes, average: 4.20 out of 5
Loading…

li0j.gif
↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ
li0j.gif

偕成社 >
きかせたがりやの魔女
きかせたがりやの魔女
作:岡田淳
絵:はたこうしろう(秦好史郎)
装幀:はたこうしろう
166p 22cm
2016.6

2018.9.10 追記
2016.8.4