絵本

見えていないけど変わらないこと*あひる

あひる
ちょっと前の食事風景。

今では目に見えなくなっている過程。

でも一緒。
今も一緒。

生き物の命をいただいて
食べているといこと。

そうして
私たちは大きくなっていく
生きているということ。

目にはみえないけど
今も変わらないおんなじこと。

どれだけ
自分のこととして読めるか。
子どもに伝えるか。

お話しの最後のページ
作者が語り掛けてくる。

読み聞かせでしっかり伝えたい。
li0j.gif
ここからは
本好き司書のブックトークにも使える?
本にまつわるおしゃべるアレコレ
*ネタバレ注意*
li0j.gif
父が趣味で鶏を育てている。
山で。。。

それはそれは
趣味というにはたいそうなもので。
広い敷地に
20羽ほどの鶏を放し飼いにしています。

その周りには
は桜が咲き,山菜
は梅に始まり,スイカやみょうが
は栗や柿やきのこ
はみかんが収穫できます。

四季折々の楽しみをわけてくれます。

そして山の恵みの締めくくりは
やはり

それも年の最後に
年越しそばで。
そばは父が打ち
出汁は山で飼われていた鶏です。

この年越しそば
毎年感じるものがあります。
一年の締めくくりに
大変贅沢でありがたいものです。

しかし父は以前のようには
飼っている鶏を食べなくなりました。

この絵本のようなことが
昔はよくあったそうです。

今はその分まで
鶏たちを可愛がっているのかもしれません。

お気に入り:0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
読み込み中…

li0j.gif
↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ
li0j.gif
↓ランキングに参加しています↓
くもん出版
あひる
あひる
作:石川えりこ
装幀:有山達也+山本祐依アリヤマデザインストア
2015.7.19