絵本

【斉藤倫さんを激推し】ボランティアで読んだ絵本・紹介した本

絵本を読みきかせする時には
その前後にちょっとした話を
することが重要。

突然やってきて
いきなり読んで
いきなり終わって
そのまま帰る。

これでは
読みきかせマシン。

読む

聞く

一方通行で
終わってしまい
楽しくはないけど
つまらなくもない
時間で終わってしまいます。

そこらへんのコツはここに

【コツ】小学校へ読みきかせボランティア。司書が考えたコツ。司書として 小学校図書館に19年間つとめてきました。 夫の転勤 司書をやめて引っ越し。 詳しくはこちらに http...

今回の読み聞かせで
読んだ本はこちら。

この本を選んだ
理由は二つ。

記念日で。

5月18日はことばの日
そこで
ことばがおもしろい本をチョイス。

教科書を参考に。

3年生の国語の教科書(光村図書)
もうすぐ斉藤倫さん
お話がでてきます。

そこで
学習前に作者の斉藤倫さんに
興味を持ってもらうべく
斉藤倫さんの本を紹介しました。

せっかくだから
この本
どろぼうのどろぼん (福音館創作童話シリーズ)

この本も紹介。
波うちぎわのシアン
(どちらも高学年向け)

大好きな斉藤倫さんのお話。
教科書に採用されてうれしい。

これで
子どもたちに
もっともっと激しく
斉藤倫さんの本を推せる
・笑

スポンサーリンク



こういう本にまつわる話を
お話しの前後に
ちょこっと話します。

子どもたちの様子を見ながら
絵本を読む時間より
長くならないようにしながら。

本の中を内容を
ひたすら深めていく読み方も
もちろん好きだけれど

  • 多くの人を相手にする場合
  • 年齢が色々な場合

こんな場合は
本の背景や
作者の本の紹介をするなど

一つの本から話題を
横に広げていくような話をすると
お話への興味が残りやすいようです。

大好き斉藤倫さんの本いろいろ♡

もしかしたら我が家にも??*どろぼうのどろぼん おもしろかった!! 本の帯にる 日本児童文学協会新人賞 に偽りなし! 小学館児童出版文化賞 に偽りなし! ぜったいに...
【お引っ越し】買わずにはいられなかった本。*まちがいまちへようこそお引っ越し前。 多くの本の荷造りに閉口して 一時的に ← 本を購入すること(増やすこと)に 慎重になっていました。 そんな...
めぐる季節の中で、またいつか*はるとあき「いつかおあいできることを」 はるとあきposted with ヨメレバ斉藤 倫/うきまる 小学館 2019年05月17日 ...
子どもの強さを感じ大人の愛を知る*波うちぎわのシアン たくさんの島々からなる国。 その国の島の一つ《ラーラ島》。 そのラーラ島に 流れ着いた医師 《フジ先生》の作った孤児院...

徳之島の図書館には
斉藤倫さんの本は
これ1冊しかなかった。
はるとあき

リクエストしよ。
徳之島に斉藤倫さんを!!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。