児童文学

梅雨あけない日々*あめふらしぬまがたいへんだ!

<けものみち>
山の中などで 動物たちの通る道。

その<けものみち>に 家を建て住むと 不思議なことがおこるそうです。
そんな <けものみち>に おじいさんの後を引き継いで
うっかり住んでいる もんたさんのお話。

雨ふらしぬまがたいへんだ! (子どもの本) 雨ふらしぬまがたいへんだ! (子どもの本)
(1999/07)
たかはし こうこ商品詳細を見る

不思議な出来事がとうとうおこりました。
ふりやまない雨を 終わらない梅雨を
動物たちに頼まれて 終わらせにいくのです。
その知らせを告げたのが カエル。
驚いてます もんたさん。
そりゃ 驚きますよね~~
しかし なんだかな~~
もんたさんが 頼りない??うっかりもの??すぎて
気になるわーー。
だ っ て
家の中で ネコが宴会してたり タヌキ一家が住みついたりって
その時点で なにか気づこうよ。
流さないでそんな不思議事態を!!
うっかりものすぎます。もんたさん。
だからかな~。
動物たちも『梅雨とめてーー!HELP!!』って言いにくるの若干遅い気が・・・。
(春が無く 梅雨が始まって 7月末まで梅雨って どうよ?!)
もんたさんの人柄みてたの?? もんたさんでいいのか迷ってた??
何はともあれ もんたさんのお手伝いのおかげで
雨はやみ 梅雨はあけました。
めでたしめでたし。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★
梅雨終わらないかな~~ 度: ★★★