児童文学

愛に溢れた 傑作短編集!!*ブレーメンバス

表紙に
深い意味があります。

created by Rinker
¥53
(2020/09/28 18:44:53時点 Amazon調べ-詳細)

色々な想いが
たくさんつまっています。

だけど
気持ちはひとつです。

それが
またさらに切なくなります。

そう感じるのは
今わたしが
少なからず
幸せだからなんだと思います。

柏葉幸子さんの
短編集で一番好きです。

ぜひ
たくさんの人に
読んでもらいたい本です。

色々な愛が
溢れています。

どんな人にも
心打たれる
愛のお話しがあります。

スポンサーリンク


あらすじと感想

昔話のエッセンス
それぞれのお話に加わった
素敵な短編集
それぞれご紹介。

○ 金色のホーキちゃん
何度
読んでも
必ず泣いてしまう
お話しです。

○ 桃から生まれた
赤ちゃんは
愛されるべきものです。
どんな状況でも。

○ ハルメンのお姉さん
怖っっ。
でも
無くは無い。

そこの お父さん!!
おばけより もっともっと怖い
現代の怖い話ですよ。キヲツケテ

○ オオカミ少年

どこをとってもイイ!!
子ども時代の大切な思い出。

オチが分かっても
素敵な思い出は
変わらないと思う。

○ つづら
寄っ掛かったり
寄っ掛かられたりの関係

だけじゃない
暖かい関係。

人と人でも
こうありたい。

○ ピグマリオン
現代版怖い話 NO.2
でもこちらは
無い!!

そう思わないと
ほんとに怖い。

○ 三人の幽霊
この話には
共感できる部分が
大きくて。

私も 「中ちゃん」ですから。

○ シンデレラ坂
愛に必死です。
だからこそつかめる愛
あるんですね。

恋は盲目。
周りは温かく
見守ってくださいな。

○ みなみはエッちゃんがきらいです。
冒険も!ファンタジーも!

この本に納められると
こんな愛にくるまれます。

「みなみはエッちゃんがきらいです。」
なんて
愛に溢れた『きらい』
ステキです。

○ 十三支
こんなに
意表をつかれました。
十二支のお話しは
ありませんでした。

十二年前のこと。
振り返るには
まだちょっと早いっか。
いつかこの話を
実感こもって
読む日がくるのかな。

○ ブレーメンバス
この本の表紙が
このお話しの すべてです。
そして 始まりなんです。
胸が

ギューーー

っとなる
お話です。

とにかく本全体が
お話も。

も。

装丁も。

全部全部
大好きな本です。

みなさんも
ぜひに。

講談社 > 柏葉幸子短編集 >
『ブレーメンバス』
ブレーメンバス 柏葉幸子短編集
作:柏葉幸子
絵:藤原ヨウコウ
装丁:井上佳子
2003.3.20

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。