*児童書・絵本・色々な本と暮らす

お盆の入りに*牡丹さんの不思議な毎日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
牡丹さんの不思議な毎日 (あかね・ブックライブラリー) 牡丹さんの不思議な毎日 (あかね・ブックライブラリー)
(2006/05)
柏葉 幸子

商品詳細を見る

本の雰囲気としては 2月とかかな?
(私の勝手なイメージですが・・・たぶん温泉街が出てくるから??
しかし 本の内容は
このお盆の時期に読みたい本です。
5話目が 『むかえ火』 を題材にしている お話しがあるんです。
その他のお話も
生きているもの 亡きもの にまつわる不思議なお話しが。
ともすれば悲しくも 切なくもなりそうな 登場人物たち
亡き父に いつお迎えにくるかわからないお婿さんなどが
THEおっかさん的なさばさばした 牡丹さん をはじめ
のんびりした娘
女衆にちょっと押され気味な父
自由奔放な犬
そんな愉快な家族と共に明るく描かれています。
こういう雰囲気で 生きてるもの亡きもの を描ける
柏葉幸子さんはやっぱりいいな。
お盆の入りに。
この本を。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★☆
温泉街ストーリー 度: ★★★★


温泉街の 廃業した旅館に引っ越してきた牡丹さん一家。
旅館を始める為ではありません。
住む為です。
住居として引っ越してきたのです。
そんなはちゃめちゃな。
そして その旅館の温泉には 幽霊が住みついていたのでした。
その幽霊と出会ったことを皮切りに
色んな不思議なモノとコトに出会います。
色んなものが点在した 温泉街のお話です。
おちゃらけすぎず
怖がらせず
深刻さをおしつけすぎず
生きるものと 亡きもののお話しを。

この雰囲気大切に。
お盆入りにゆっくりと楽しみたいお話しです。
li0j.gif
おうちこの本はこちらのお店にありました。おうち


icon
icon
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク