絵本

静かに深く考えよう~命*死神とアヒルさん

命を静かに
深く考えられる本

created by Rinker
¥2,328
(2020/08/09 03:02:23時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

でも、いのちとは、こういうものなのです。

最後の一文が
すべてだと思いました。

深く 強く 静かに。

読み始めて
死神が
怖く 不気味で

でも
読み進めていって
もしかして 心変わりした?
優しくなった?
一緒にいることが心地よい??

でも
やっぱり死神は死神なんだよね?
死んでしまうの?
どうなってしまうの?

そう思っていたところに
最後の一文。

ぐさっときました。

文字が少ない分
心に問い掛けるものが大きい。

シンプルで
余白が大きい分
自分で考える余地がある。

死神の顔 がいこつ

無表情なようでも
表情のある
がいこつが

読み手のによって
どうとでもとらえることのできる表情が
自分の気持ちを読まれているようで
怖い。

草土文化 >
死神さんとアヒルさん
死神さんとアヒルさん Ente, Tod und Tulpe
原題:Ente, Tod und Tulpe
作:ヴォルフ・エァルブルッフ (Wolf Erlbruch)
画:ヴォルフ・エァルブルッフ (Wolf Erlbruch)
訳:三浦美紀子
2008.2.20

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。