*児童書・絵本・色々な本と暮らす

詩からの風景~雨ふり~*あめふりくまのこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一つの詩には たくさんの風景がある。

あめふりくまのこ あめふりくまのこ
(2009/05)
鶴見 正夫商品詳細を見る

そんなことを 感じることのできる絵本です。
私の周りの子どもたちは
この歌を授業で歌うようで この歌をよく知っています。
なので 読み聞かせをするとき
この本を出すとすぐに 『知ってるー』と反応がでてきます。
まあまあ どうどう 落ち着いて。となるわけです。
そして まず ゆっくり私が詩を読みます。
その際に
子どもたちには ゆっくり 絵本の中の 風景を楽しんでね。
と伝えます。
それから 2回目に
子どもたちと 絵本をめくりながら 歌います。
子どもたちも 一つの歌にたくさんの風景があることに
改めて 気づいてくれてると 嬉しいです。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★★
詩を楽しむ 度: ★★★★★


この詩は
山に雨が降っている様子を くまのこと一緒に描いた詩です。
そしてこの絵本は 余韻が素晴らしい。
歌が始まる前に 2ページ見開きで
くまのこの 鼻に 雨が落ちてくる様子が 描かれています。
詩が 始まります。
~~♪
~~♪
~~♪
詩が 終わり。
さらに 3ページ。
くまのこ 森 雨 詩の世界が続きます。
絵本をめくりながら みんなで歌うと
この 最後の3ページが いい味を出します。
しーんとなり 今までの楽しい歌声が じんわり心に染み込んでくるよう。
詩と 画の バランスも すごくいい。
この時期の 読み聞かせには 持ってこいの本ですよ。
li0j.gif
おうちこの本はこちらのお店にありました。おうち

icon
icon
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク