*児童書・絵本・色々な本と暮らす

芸術の秋に*天使のえんぴつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術の秋に。

天使のえんぴつ (児童図書館・絵本の部屋) 天使のえんぴつ (児童図書館・絵本の部屋)
(2008/04)
クェンティン ブレイク

商品詳細を見る

画が とっても描きたくなるお話しです。
そして ~ ~本文より~~
『とってもめずらしい子というのは、ふたりは天使だからなのです。
人びとは、それを知りません。
ふだんの生活では、翼があらわれないからです。
でも、これは絵本ですから、ちゃんと翼がみえます。

~~~~~
2ページ目の 文章です。
そして 最後の一文がとても好きです。
絵本だから 翼が見えるんです。
絵本だから。

ちょっと 夢を壊してしまいそうな 言葉でもあるけど。
この絵本では とってもいい効果をもたらしているんです。
イギリスで 毎年10月に開催されている「Big Draw」 というイベントが元にできた絵本のようです。
きっと 画を描くことの大好きな 絵描きさんには たまらないイベントなのでしょう。
画を描くことが 苦手な私でも ワクワクします。
そして この本に効果的な印象を与えている
ずっと前に こういうえんぴつもってたな~。
削りたくなくて 大事に大事に使ってました。
でも もともと画は描かない子どもだったから
結局眺めてばかりでした。
あの頃 この絵本を読んでいたら どんな画も描いたかな~li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★☆
絵を描くことが大すきな人へ 度: ★★★★★

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク