絵本

絵をかきたくなる*天使のえんぴつ

芸術の秋に。

とっても
画を描きたくなる
お話です。

created by Rinker
¥26
(2020/09/26 21:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

2ページ目の文章。

とってもめずらしい子というのは、ふたりは天使だからなのです。
人びとは、それを知りません。
ふだんの生活では、翼があらわれないからです。
でも、これは絵本ですから、ちゃんと翼がみえます。

すごく好みな
おはなしのはじまりです。

そして
最後の一文も
とても好きです。

絵本だから 翼が見えるんです。
絵本だから。

夢を壊してしまいそうな
言葉でもあるけど。

この絵本では
とってもいい効果を
もたらしているんです。

イギリスで 毎年10月に開催されている
「Big Draw」 というイベントが元にできた絵本のようです。

画を描くことの大好きな人には
たまらないイベントなのでしょう。

画を描くことが
苦手な私でもワクワクします。

そして
この本に効果的な印象を与えている

ずっと前に
こういうえんぴつもってたな~。

削りたくなくて
大事に大事に使ってました。

でも
もともと画は描かない子どもだったから
そんなに削ることはありませんでした・笑

あの頃
この絵本を読んでいたら
どんなに苦手でも
きっとなにか画をかいたでしょう。

どんな画も描いたかな~。

評論社 > 評論社の児童図書館・絵本
天使のえんぴつ (児童図書館・絵本の部屋)
天使のえんぴつ (児童図書館・絵本の部屋) Angel Pavement by Quentin Blake(2005-12-27)
原題:『Angel Pavement』 
作:クェンティン・ブレイク (Quentin Blake)
絵:クェンティン・ブレイク (Quentin Blake)
訳:柳瀬尚紀
2008.4.20
London

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。