*児童書・絵本・色々な本と暮らす

田植えのころ*芒種*おじいちゃんちのたうえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の二冊に引き続き
田植えの本をご紹介。

もう1冊は
現代の田植えのお話。
おじいちゃんちの たうえ (講談社の創作絵本)

おじいちゃんちへ
田植えの手伝いにいく
ぼく家族のお話です。

私も幼いころ
父方の祖父の家で
毎年このような体験をしていました。

なので
絵本にするまでのエピソードかなー。
と正直思ってしまいました。

でも
作者:さこももみさんの
あとがきを読むと納得。
このお話しはさこももみさんの義実家でのことで
息子さんの作文に絵を添え
絵本にしたそうです。

なるほど。
道理で私の頭に
なんの違和感も驚きもなく
ストンを入ってきたわけです。

毎年毎年
なんでもないと思っていた
田植えの季節。
実はとってもありがたいことだと
大人になって知りました。

お米を大切に思う気持ちを
自然と持てるようになっていたこと
田植えそのものが
貴重な思い出になっていること
感謝です。

日本人にとって大切なお米の話。
絵本のあとがきも含め
読み聞かせにとりいれたいですね。

li0j.gif
講談社 > 講談社の創作絵本
おじいちゃんちの たうえ (講談社の創作絵本)
おじいちゃんちの たうえ (講談社の創作絵本)
作:さこももみ
絵:さこももみ
原案:佐古祥太郎
装丁・本文デザイン:田中久子
「おうちの方へ」原稿:保立眞理子
2011.4.14

li0j.gif

↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク