*本のある暮らし+読み聞かせ=本好きな子に

色々な形の学校を知る*夜間中学へようこそ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜間中学へようこそ (物語の王国)
孫が中学生になった
と同時に
隣町の夜間中学校に通うことにしたおばあちゃん。

戦後の余裕のない生活の中で
学校に通うことができなかったおばあちゃん。

ずっと隠してきたけれど
本当は字が書けなかった・読めなかったおばあちゃん。

今までは
おじいちゃんが隣にいてくれて
書いてくれていた・読んでくれていた

そのおじいちゃんが亡くなって三ヶ月。

三年考えて迷って
夜間中学への入学を決めたおばあちゃん。

同居する
息子夫婦と孫の優菜(ゆうな)に話すと
息子以外は賛成!

とっても協力的。

母親が字の読み書きが出来ていなかったという
現実をなかなか受け入れることのできない息子。
(ほんとこういうとこって男はメンタル弱いわ~~)

ある日,おばあちゃんが通学中の駅でつまづき
足をけがして
一人での通学が難しくなり
孫の優菜が夜間中学への通学に付き添うことに。

そこで優菜が出会ったのは
昼間の中学校とはまったく違う学校の世界。

年齢も国籍も学力も
バラバラな人たちの通う夜の中学校。

新しい世界を知り
新しい価値観を知り
過去の出来事を知り
世の中の扉を開いていく優菜。

もう私が涙もろいだけなのか。

戦時中の子どもや赤ちゃんの話とか
昔,学校に通えなかった状況とか
今,学校に通えている決意とか
異国で働きながら通学している生活とか
年齢も国籍も違う友情とか

ホロッとくる。

行き詰ってる子に読んでほしい。
色んなの居場所があることを知ってほしい。
色んな道があることを知っていてほしい。

おもしろいお話でした。

お気に入り:1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5 Loading...
li0j.gif
↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ

li0j.gif
岩崎書店 > 物語の王国 Ⅱ8
『夜間中学へようこそ』
夜間中学へようこそ (物語の王国)
作:山本悦子
装画・本文挿絵:タムラフキコ
装丁:中嶋香織
2016.5.31

参考文献:
○ 高野雅夫 『夜間中学生 タカノマサオ―武器になる文字とコトバを』(解放出版社)
夜間中学生 タカノマサオ―武器になる文字とコトバを

○ 松﨑運之介『学校』(晩 社)

○ 山田洋次 『「学校」が教えてくれたこと』(PHP研究所)
「学校」が教えてくれたこと

○ 米倉斉加年 『おとなになれなかった弟たちに…』(偕成社)
おとなになれなかった弟たちに…

スポンサードリンク

関連記事

秋を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

イマコレ特集