児童文学

図書室から始まる・・・*本の妖精リブロン

created by Rinker
¥1,210
(2020/10/27 23:00:53時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

現実での お話と。

本の中で冒険での お話。

本の好きな女の子と。

ちょっと生意気な妖精と。

そして

アンデルセン
「火打ち箱」 をモチーフにしたお話が

バランスのいいお話でした。

ちょっと残念なのは
表紙の妖精さん。

挿絵では
本の妖精だから
羽が本を開いたような形になっていて素敵

なのに。

表紙では
その妖精さんの羽が みえないよ~。。。

あかね書房 > あかね・新読み物シリーズ 25 >
『本の妖精リブロン』
本の妖精リブロン (あかね・新読み物シリーズ)
作:東逸子
画:末吉暁子
2007.10

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。