小説

会社青春物語*カイシャデイズ

created by Rinker
¥723
(2020/09/24 00:50:30時点 Amazon調べ-詳細)

山本幸久さんの本を読むと
街の中でふと
足を止めたくなります。

街を歩いていて
目の前を通り過ぎる
たくさんの人たちの
生活を思い
ここにいる理由を考え
これから何をするのか想像する。

そうして
いつもの何気ない街の風景が
たくさんの人からなると
ふと感じて

途方もないな。

世の中には
とんでもなく
たくさんの想いがあると

途方にくれます。

そして
私も目の前を通り過ぎていく
たくさんの人たちの
生活のワンシーンに
すぎないんだよな。

と。
あ~~~
まためんどくさい
思考のループに はまる。

でも
それだけでは終わらない。

山本幸久さんの本は面白い。
明るくなれる。

私もお仕事がんばるよ。
社長!!

って
本に向かって
言いたくなりましたもん。
スポンサーリンク


あらすじと感想

内装会社に
勤めている人たちのお話です。

全部で8人。

営業さん
チーフさん
新人君
OLさん
お局さん
設計部さん
施行さん
社長さん

同じ会社で
同じ時代に
働いている人々。

それぞれの想いがあって
働いているんです。

カイシャデイズ。

「会社青春物語」
って感じです。

楽しい事も
辛い事も
笑える日も
泣ける日も

それも
すべてが
カイシャデイズ

みたいな キャッチフレーズ・笑!

文藝春秋 >
カイシャデイズ (文春文庫)
カイシャデイズ (文春文庫)
著:山本幸久

にほんブログ村 本ブログへ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。