*本のある暮らし+読み聞かせ=本好きな子に

テーマが濃い重い。でも読みやすい。だから気を付けたい。*十一月のマーブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の1冊*Instagram~
テーマや設定が
これからの児童書という感じがします。

それは

◯下手に友情を盛り上げない
◯友だちとの距離感が近すぎない

そしてどちらのお話にも

◯LGBTのことが
お話の中に盛り込まれています。

少し前の児童書なら
特別に扱われていたり
お話の主軸になっていたりする
テーマに思います。

しかし戸森さんのお話では
それを前面に感じない。

それはきっと現代の子どもたちの
多様性を描いているから

そして
取り巻く周りが世間の風が
少しずつ変わってきたからかな。

大人の私は読みやすく
好きな物語ではあったけれど、

子どもには気を付けたい
ワードがいくつも含まれていたので、
(離婚・不倫・親の恋人・親の死・ステップファミリー など)

子どもに勧めるには
気をつけなければならない
内容であることは
忘れないようにしたい。
スポンサーリンク



戸森しるこさんの本を

初めて読んだのは
第56回講談社児童文学新人賞 受賞作品 の
ぼくたちのリアル
ぼくたちのリアル
(おもしろかった!)
くわしい本の紹介はコチラ→過去記事です

その時に

今の子どもたちの姿や
新しい児童書への変化を
強く感じました。

そして
十一月マーブルでは
さらにその衝撃は強く
これも児童書かと思うような
その内容のの濃さ、重さ、強さに
少し驚きもしました。
li0j.gif
*ランキングに参加しています*クリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ
li0j.gif
講談社 >
『十一月のマーブル』
十一月のマーブル
著:戸森しるこ
絵:宮尾和孝
装丁:城所潤(JUN KIDOKORO DESIGN)
2016.11.14

2018.11.15 (加筆修正)
2017.11.21

スポンサードリンク

関連記事

冬をたのしむ本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

イマコレ特集