*児童書・絵本・色々な本と暮らす

今日の1冊*Instagram~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマや設定がこれからの児童書という感じがしました。.戸森しるこさんの本を初めて読んだのは#ぼくたちのリアル。その時にも強く感じた思いです。.それは◯下手に友情を盛り上げない◯友だちとの距離感そしてどちらのお話にも◯LGBTのことがお話の中に盛り込まれています。.少し前のお話では特別に扱われていたりお話の主軸になっていたりするテーマに思います。. しかし戸森さんのお話ではそれを前面に感じない。それはきっと現代の子どもたちの姿を描いているからそして取り巻く周りが世間の風が少しずつ変わってきたからなのかな。.すごく読みやすく内容は好きな話だったけれど、色んなワードが含まれていたので、子どもに勧めるには気をつけなければならない内容があることは忘れないようにしよう。.#十一月のマーブル #戸森しるこ 著 #宮尾和孝 絵 #城所潤(JUN KIDOKORO DESIGN) #講談社 2016.11.14
今日の1冊*Instagram~

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク