児童文学

テーマが濃い重い。でも読みやすい。だから気を付けたい。*十一月のマーブル

今日の1冊*Instagram~
created by Rinker
講談社
¥1,430
(2020/09/25 13:04:13時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

テーマや設定が
これからの児童書
という感じがします。

それは

◯下手に友情を盛り上げない

◯友だちとの距離感が近すぎない

◯LGBTがお話の中に盛り込まれています。

少し前の児童書なら
特別に扱われていたり
お話の主軸になっていたりする
テーマに思います。

しかし戸森さんのお話では
それを前面に感じない。

それはきっと
現代の子どもたちの
多様性を描いているから

そして
取り巻く周りが世間の風が
少しずつ変わってきたからかな。

大人の私は読みやすく
好きな物語ではあったけれど、

子どもには気を付けたい
ワードがいくつも含まれていたので、
(離婚・不倫・親の恋人・親の死・ステップファミリー など)

子どもに勧めるには
気をつけなければならない
内容であることは
忘れないようにしたい。
スポンサーリンク



戸森しるこさんの本を

初めて読んだのは
第56回講談社児童文学新人賞 受賞作品 の
ぼくたちのリアル
ぼくたちのリアル
(おもしろかった!)

それぞれの今のリアル*ぼくたちのリアル お話しに出てくる ぼく リアル サジ 小学5年生の 三人の子どもたち。 話し方や 先生や友だちとの距離...

その時に

今の子どもたちの姿
新しい児童書への変化
強く感じました。

そして
十一月マーブルでは
さらにその衝撃は強く
これも児童書かと思うような

その内容のの濃さ、重さ、強さに
少し驚きました。



講談社 >
『十一月のマーブル』
十一月のマーブル
著:戸森しるこ
絵:宮尾和孝
装丁:城所潤(JUN KIDOKORO DESIGN)
2016.11.14



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。