*児童書・絵本・色々な本と暮らす

不器用な子どもたちと*ひかる!(1)本気(マジ)。負けない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひかる!〈1〉本気(マジ)。負けない! (ホップステップキッズ!) ひかる!〈1〉本気(マジ)。負けない! (ホップステップキッズ!)
(2008/07)
後藤 竜二

商品詳細を見る

感情を 思いを 上手く伝えられない。
力に変えて暴力でしか 表現できない。
うっとうしがることでしか 応えられない。
小バカにすることでしか 反対できない。
大人に反抗することでしか 一致団結できない。

そんなクラスが 変わった。
学年が変わって と 担任が変わって
変わった。
それでも このお話しに 登場した先生は
ものすごく突拍子もない先生ってわけじゃない。
(少なくともそんな描写は ない。)
気持ちを 受け止めてくれる人がいる。
ってことだけで 変われることがある。
普段の子どもたちを 見ていると 必然と感じれることだから
このお話しは すんなり心にとどきました。
ラストは 不覚にも泣けたじゃないかい
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★☆
学級文庫に 度: ★★★★


ヒカル 小学3年生。
担任の先生に 反発することで 一致団結していた クラス。
昨年のドッジボール大会で 6年生に勝とうと 優勝を狙うが
惜しくも 負けてしまう。
それから1年。
ヒカル 小学4年生。
担任の先生が代わり。
話せる 一緒に動く 受け止めてくれる先生がやってきた。
クラスの 雰囲気が少し変わった中。
あの時の気持ちをと ドッジボール大会に向けて張り切るが・・・
小学校4年生。
先を見越してあきらめるには まだまだ早いよ。
簡単ではないけど 私も大人として 寄り添うことができれば。
と思わずにはいられない 子どもたちのお話しでした。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク