本と子育て

チビ太朗が0才5ヶ月に買った絵本〜もこもこもこにチャレンジ

もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本) もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
(1995/02)
谷川 俊太郎商品詳細を見る

実はちょっと苦手な
この絵本。
苦手な理由は。

ストーリーがよくわからない。

にょき
もこ もこ もこ
つん

などの擬音のみで
構成されるお絵本。

ストーリーが
あるようでないような。
でもあるような。

でも
あらすじもなにも説明できない。

何をくみとっていいかわからない。

ストーリーがあるようでないような。

なんか意味がありそうでないような。

でもその奥に意味があるのか?

と余計なことを考えてしまって
さらによくわからなくなります。

なにもくみとれない…
なにも説明できない…

どんなテンションで読んでいいかわからない。

はい。
もっとも困るところです。

小学校の図書館で司書をしている私。

【もこもこもこ】は
学校図書館に当然あるのですが
擬音ばかり。
ストーリーもオチもよくわからない。
あらすじさえ説明できない。

そんな絵本を
大勢の子どものたちの前で
どんなテンションで
読みきかせすれば
よいのかわからないんです。


【もこもこもこ】に関しては
わからないの三連発です。

でも
我が子が生まれて
何でもない事に
歌をつけたり

何でもない
言葉を発してみたり
するようになったので

この絵本も
ちょっといける気がした。

全国学校図書館協議会選定図書
こんなのに選ばれていたり

どこをみても低年齢の子に
オススメの本と出ている。

これはチャレンジしてみよう。
と,手にとってみました。

果たして楽しめるのか・・・

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。