児童文学

クリスマスまで あと11日*クリスマスをめぐる7つのふしぎ

小学校の高学年~くらいかな~
サンタクロースなんて・・・
どうせ 親だろっっ!!
親なんだしさ~

なんて
思い始めた
言い始めた
子供たちに
捧げるおはなし。

ファンタジーたっぷり
夢たっぷりのお話とは
ちょっと違う。
クリスマスのお話。

クリスマスに
はしゃぐなんて(ケッ)

なーんて
斜めな感じを見せ始めた
子どもたちに
読んでほしい。

きっと内心は
わくわくしてるはずなのに~。

そして
内心くらいは
わくわくしていてほしいから。

このお話を
おすすめします。

男の子と
パパの同僚の警察官の対話で
お話は進みます。

ひとつずつのお話は
4~6ページ。

短くて 淡々と
ひとつまたひとつと
お話は続きます。

淡々と続くお話が
読む側に ゆっくり考える時間とか
想像する時間とか与えてくれます。

(お話しに 書かれていることが
すべて事実ではないかもしれないケド)

余計な感情がなく
淡々と伝えてくれることが
このお話しではすごくイイ。

li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★★
お年頃のさんのクリスマスに 度: ★★★★


~目次~
ひとつめのふしぎ
サンタクロースはパパ?
ふたつめのふしぎ
カリカリ山のクリスマスの木
3つめのふしぎ
サンタクロースはひとりなの?
4つめのふしぎ
トナカイたちはふつうのトナカイなの?
5つめのふしぎ
クッカルッカの高いえんとつ
6つめのふしぎ
クリスマスのゆうれい
7つめのふしぎ
メリー・クリスマス、サンタクロースさん!
~~~~~~~~~~~
読み終わったあと
きっとその人の心には
その人の新しいサンタクロース像ができる。


きっと クリスマスが
また楽しくなります。

ファンタジーたっぷりの
夢物語だけは信じきれなくて

でも
全部否定してしまうのは
さみしくない??

もしかしたらの可能性が
ちらちら残るお話です。

このお話しに
書かれていることは
フィクションなのかもしれない。

でも
クリスマスが
絶対に楽しくなるお話です。
 

li0j.gif
*ランキングに参加しています*クリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ
li0j.gif
理論社 >
クリスマスをめぐる7つのふしぎ
クリスマスをめぐる7つのふしぎ
作:斉藤洋
画:森田みちよ
2009.12.14