児童文学

【レビュー】クリスマスまで あと10日*34丁目の奇跡

その昔 映画になっていたそうです。

そして
↓できた本がこちら↓

もうね
サンタクロースを
信じてなくてもいいです。

それでも
このお話を読むと

サンタクロースを思って
心が温かくなる。

いる
いない
じゃない。

自分の信じるままに
自分の心に大切なものを
思いながら行動する。

そして
人を
受け入れること
許すこと
変わること

すると
人を信じることと
優しさが
すんなり心に入ってくる。

クリスマスだから?
サンタクロースだから?

34丁目で
奇跡は起こるんです。
li0j.gif
*ランキングに参加しています*クリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ

li0j.gif
お気に入り度: ★★★★
サンタクロースの温かさを 度: ★★★★★

クリス・クリングル
年齢推定・50歳~75歳
彼↑↑ 自称サンタクロース

メイプルウッド老人ホームで
穏やかに暮らしていました。

それでも
『わたしは サンタクロースです。』
と公言することは

この現実では
両手を挙げて
歓迎されることではなかった。

だから
彼は老人ホームを
出て行かなければならなくなりました。

そんな
自称サンタクロース:クリス・クリングルが
幸運にも
職と
住居を
両方を
手に入れることができました。

ただ
そのお世話をしてくれたのは
超・現実主義者のミセス・ウォーカー。

超・現実主義者のミセス・ウォーカー
幼い自分の子どもに
おとぎ話をすることも
空想することもゆるさないのです。

そんな 親子と
自称サンタクロース:クリス・クリングルは
どうかかわっていく?

超・現実主義さんは
どうなるの?


そして
彼は本物のサンタクロースなの?

34丁目で起こる奇跡って?

その他:クリスマスの本特集はこちら
li0j.gif
あすなろ書房 >
34丁目の奇跡
34丁目の奇跡  Miracle on 34th Street
原題:Miracle on 34th Street
著:ヴァレンタイン・デイヴィス (Valentine Davies)
画:牧野千穂
訳:片山しのぶ
装丁:川上成夫
本文デザイン:こやまたかこ
*ランキングに参加しています*クリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ
li0j.gif
2018.12.15(加筆修正)
2009.12.15