絵本

孫のむちゃぶりにおばあちゃんの優しさがおもしろい。*あらまっ!

created by Rinker
小学館
¥1,485
(2020/12/05 17:45:55時点 Amazon調べ-詳細)

インパクトの強い絵本です。

絵です。
お話です。

表紙からでも
わかりますが

男の子とおばあちゃんの
表情がなんとも言えず

小憎たらしかったり
面白かったり

読み聞かせに
もってこいです。

子どもたちの
ゲラゲラの笑い声や
エーーっていう声が
読む前から想像できちゃいます。

スポンサーリンク


あらすじと感想

あるひ
パトリックは
おばあちゃんの家に
泊まりにいきます。

さて日も沈んで
そろそろ寝る時間です。

そこでおばあちゃんは
パトリックに言いました。

「さあ,パトリック ベッドにはいって さっさと寝なさい。」

そこで
パトリックは答えます。

「ぼくのベッドなんてどこにもないよ」

「あらまっ」とおばあちゃん。

とまあ,
こんな感じで
お話がスタートするのです。

この「あらまっ」の後の
おばあちゃんの行動が
早い
すごい
大胆!!

パトリックが
すこやかな睡眠をとれるよう
西へ
東へ
丘へ
山へ
奮闘します。

パトリックの小憎らしさに
きちんと向き合っているあたりが
おばあちゃん。

きっとこの二人は
そんなにしょっちゅうは
会えないのでしょうね。

おばあちゃんと孫に
なれ合いをかんじません。

だからこそ
パトリックの言うことに
必死に取り組む
おばあちゃんがかわいい。

これが
父・母なら
「いいから!!早く寝なさい!!」

一喝で
お話は終わってしまいそう(笑)

パトリックが
このおばあちゃんの優しさに
気づくのは
大人になってからなのかな。。。。

小学館 >
『あらまっ!』
あらまっ! What! Cried Granny
原題:What!『What! 』Cried GrannyWhat!
作:ケイト・ラム(Kate Lum)
画:エイドリアン・ジョンソン(Adrian Johnson)
訳:石津ちひろ
日本語版デザイン:田辺卓
編集協力:有限会社 あとりえ・みゅうず
編集:桑原勝明
London
2004.06.20

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。