児童文学

お雛飾りと一緒に*かりんちゃんと十五人のおひなさま

今日は
ひな祭り

created by Rinker
¥205
(2020/09/21 22:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

ありがたいことに
幼い頃は
大きなおひなさまを
飾ってもらっていました。

うれしかったな。

小さなお雛飾りも
可愛らしいけれど

やっぱり
大きなお雛飾りが
どこか自慢でした。

そして
おひなさまって
動くんじゃないかな??

って
じ~~っと
眺めたりしていました。

そんな頃に
このお話を読んでいたら

ワクワクドキドキしっぱなしで。

ドアのすきまから
こっそりおひなさまを
観察してた。
絶対!!

スポンサーリンク


あらすじと感想

かりんちゃんのお家に
由緒正しい
おおきなおひなさま一式が
ひいおばあちゃんの
元から届きました。

むかしむかしから
大切にされてきたおひなさま。

もちろん(?)
動きますし
話ます。

そして
人間とおなじで
おひなさまの世界ににも
いろいろあって・・・

世の中に出れるのは
1年に1回の短い季節のみ。

かりんちゃんも
おひなさまたちと一緒に
悩んだり 楽しんだり。

受け継ぐこと
受継がれること。

じんわ~り
わかってくるお話しです。

色々な思いがあるから
年中行事って
いつまでも
大事にしたいですね。

偕成社 >
『かりんちゃんと十五人のおひなさま』
かりんちゃんと十五人のおひなさま
作:なかがわちひろ
画:なかがわちひろ
装丁:丸尾靖子
2009.1

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。