*児童書・絵本・色々な本と暮らす

お寺の秘密*すみ鬼にげた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ) すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)
(2009/11/04)
岩城範枝商品詳細を見る

唐招提寺の金堂の四隅に実際にある
木彫りの鬼をモチーフにしたお話だそうです。

すみ鬼は お堂の隅に4体。
その内1体だけが 笑ってます。
こんな風に。
なんか穏やか。
他の3体はこんな顔。
こっちはおこんな顔。
人目につかないちょっとかわった鬼の像。
1対と3対のちょっと違った鬼の顔。

そここらムクムクと物語ができたんだろうな。
楽しい。
実際に 双眼鏡を持って 唐招提寺に
泣き笑いしている すみ鬼を見にいっていみたいな。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★☆
お寺好きさんへ 度: ★★★★★
<すみ鬼の画像の記事のリンク先は こちらのサイトです。 ありがとうございます。>
ねじの業界紙 ファスニングジャーナル


唐招提寺の修繕をしている際に
すみ鬼を見つけた宮大工見習いの少年ヤス。
お堂の屋根をささえ、疫病や魔ものからお堂を900年も守っているという。
ちょっと だけ逃げしてくれとすみ鬼から頼まれた少年ヤス。
900年ぶりに自由となったすみ鬼と少年ヤスは
森の闇のなかへ。

鬼が900年ぶりにお堂からでて やりたかったこととは・・・?
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク