児童文学

お寺の秘密*すみ鬼にげた

created by Rinker
¥1,650
(2020/12/03 13:59:31時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

唐招提寺の金堂の
四隅に実際にある
木彫りの鬼を
モチーフにしたお話だそうです。

すみ鬼は
お堂の隅に4体。

その内1体だけが 笑ってます。

こんな風に。
なんか穏やか。

他の3体はこんな顔。
こっちはおこんな顔。

人目につかない
ちょっとかわった鬼の像。

1対と3対の
ちょっと違った鬼の顔。

この顔をみて
ムクムクと物語ができたんだろうな。

想像すると
楽しい。

実際に
双眼鏡を持って
唐招提寺に

泣き笑いしている
すみ鬼を見にいっていみたいな。
スポンサーリンク


あらすじと感想

唐招提寺の修繕をしている際に
すみ鬼を見つけた
宮大工見習いの少年ヤス。

お堂の屋根をささえ
疫病や魔ものから
お堂を900年も
守っているという。

ちょっとだけ逃げしてくれ

すみ鬼から頼まれた
少年ヤス。

900年ぶりに自由となったすみ鬼

少年ヤス

森の闇のなかへ。

鬼が900年ぶりに
お堂からでて
やりたかったこととは・・・?

福音館書店 > 福音館創作童話シリーズ >
『すみ鬼にげた』
すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)
作:岩城範枝
画:松村公嗣
装丁:白石良一 小野明子白石デザイン・オフィス

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。