*児童書・絵本・色々な本と暮らす

おとも本*夏のバカンスのお話を少々2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅に 本は 必ず
一人であっても 二人であっても 大勢でも
旅の 初めての おとも本は コレ。
赤毛のアン (集英社文庫)
確か 一人旅だったような。
駅の本屋さんで なにげなく選んだこの本が
旅の最中に読むお話しとして とってもよくて。
以来 旅にでる時は 必ず本を
読んでも 読まなくても
本のない旅なんて なんだか味気ない 心細くてしかたない。
旅の準備で 楽しいのは もしかしたら
おとも本を選んでいるときかもしれない。

そんな思いで選んぶ おとも本
今回の旅は こちらでした!!

かたみ歌 (新潮文庫) かたみ歌 (新潮文庫)
(2008/01/29)
朱川 湊人

商品詳細を見る

今回は 旅のウキウキした気分と反するお話しを選びたく
この本にしたがーーー イマイチ・・・
本屋さんへ
POP上手すぎですよ。

”泣ける” ”もうページがめくれない”的なことが 書いてありましたがーーー
私はイマイチ・・・
今回の おとも本は チョイスミス(泣)
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク