*児童書・絵本・色々な本と暮らす

おかあさんへラブレター*おかあさんげんきですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おかあさん、げんきですか。 (絵本・いつでもいっしょ) おかあさん、げんきですか。 (絵本・いつでもいっしょ)
(2006/04)
後藤 竜二

商品詳細を見る

私は まだ親ではないので・・・
ので・・・子どもの気持ちで お話を楽しみました。
(いい年して 子どもの気持ちって 失礼します//)
ぼくの気持ち よ~~く分かります。
しかし やはり 年齢的にも・・・
大人の気持ちで
親の気持ちのつもりで 読んでみました。
こんな風に子どもい思われたら
幸せだろうな。って思います。
小学4年生の男の子って
こんなに 難しくかわいいのかな。
このお話は
息子からお母さんへのラブレター
なんです。きっと。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。


母の日に学校で 小学4年生のぼくが
おかあさんに お手紙を書くお話しです。
そこでぼくは おかあさんに
言いたいことをお手紙にしました。
その1・おかあさんの くちぐせについて
なんどもなんども
ともだちの前でも
「わかった?」
聞かないでください
その2・かってにへやを そうじしないでください!
おかあさんには ごみでも
ぼくには 大切な思い出がつまった宝物です。
おまけ・・・ は お話を読んで
涙でじーんとした顔で
最後にフッと微笑みが うまれますよ。
li0j.gif
おうちこの本はこちらのお店にありました。おうち



icon
icon

li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク