児童文学

あの頃の日本を少し*八月の金貨

created by Rinker
¥1,282
(2020/10/27 15:45:14時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

ちょっと昔のおはなし。

お話しの中の
お父さんとお母さん世代が
子どものころ
戦争中だったくらいの
時代だから。

今から30年くらい前が
お話の舞台かな。

都会っ子の小学生
男女3人づつ6人が
人里離れた村へ
夏休みに遊びにいきます。

廃校になった小学校の
裏の山で
戦争中へ
タイムスリップ。 

暑い夏の
かげろうのような雰囲気が
残るお話でした。

夏の楽しさ爽快さ
田舎の静けさ・広大さ・狭さ

戦争時代の怖さ・寂しさ・せつなさ
いじめの悲しさ・後悔

そんな たくさんの瞬間が
つまっている本です。

夏の暑さの中で
読みたいお話。

あかね書房 > あかね創作文学シリーズ >
『八月の金貨』
八月の金貨 (あかね創作文学シリーズ)
作:山中恒
画:松本大洋
装丁:孝橋淳二
1992.7

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。