児童文学

あの頃の日本を少し*八月の金貨

八月の金貨 (あかね創作文学シリーズ) 八月の金貨 (あかね創作文学シリーズ)
(1992/07)
山中 恒商品詳細を見る

ちょっと昔のおはなし。
お話しの中の お父さんとお母さん世代が
子どものころ戦争中だったくらいの時代だから。
今から 30年くらい前がお話の舞台かな。
都会っ子の小学生 男女3人づつ6人が
人里離れた村へ
夏休みに遊びにいきます。
廃校になった小学校の裏の山で
戦争中へタイムスリップ。 

暑い夏のかげろうのような雰囲気が残るお話でした。
夏の楽しさ・爽快さ
田舎の静けさ・広大さ・狭さ

戦争時代の怖さ・寂しさ・せつなさ
いじめの悲しさ・後悔

そんな たくさんの瞬間が つまっている本です。
夏の暑さの中で 読みたいお話しです。
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★★☆
戦争の頃の生活をちょっと知る 度: ★★★★