本と子育て

【全年齢】寝る前の読みきかせにおすすめの絵本とは。その効果とは。

寝る前の読みきかせ絵本。
どれがいいのか迷ってしまいますよね。

兄弟がいれば好む本も違うし
せっかくわざわざ買っても
好みに合わなかったり。

でも寝る前に読む絵本は
わざわざ買わなくていいんです。

寝る前の読みきかせ絵本に
おすすめする3つのポイントさえおさえれば
おうちにある絵本でオッケーなんです。

パターンが決まっているもの

繰り返しの言葉があるもの。
パターンが決まっているもの。

安心します。

知っているものへの安心感。
この安心感は絶大です。

例えばこんな絵本です。繰り返しの言葉のある絵本。
いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本) がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本) ぞうくんのさんぽ

ゲーム性のないもの

ゲーム性のある絵本とは

探し絵
クイズ
迷路

がメインになっている絵本。

子どもが
ウッキウッキ。
元気になっちゃいます・苦笑

脳が元気になっちゃうような
あそび絵本は
置き場所を変えて
読み物系の絵本とて分けて
おいてあげるといいですね。

寝る前の絵本は
あそび絵本の棚からは
選ばないことを決めておく。

こうすると
絵本選びも
スムーズです。

ちなみにわが家では
このパターンに
(探し絵・迷路)
がっちりはまった絵本を
寝る前の読みきかせに
いれてしまって
お布団で大盛り上がりして
大変でした…。

絵本好き長男(4才1ヶ月)の激リピートの絵本慌ただしい朝の時間。 牛乳を飲んで しろひげを作った長男が 「あっーーー」 と言って 本棚に走っていき ...

定番を決める

一つ目でもお話しました
知っているものへの
安心感は絶大です。

その安心感が
一日の終わりにあれば
その子が一日の最後に感じる
心地よさははかりしれません。

そこで1日の終わりは
この絵本と決めてしまうのです。

寝る前の絵本を決めてよかったこと*もうねんね生後8か月くらいから 寝る前に読んでいる絵本。 母子ともにもうすっかり 覚えてしまっています。 おかげで 耳だけでお話...

特に小さい頃であればあるほど
親子の秘密のキーワードのように
クスクッスと楽しめます。

1日の終わりが
ママと子どもの
穏やかな時間になります。

 

わざわざ眠るための絵本は買わなくても
今ある絵本で
icon-check パターンが決まっているもの
icon-check ゲーム性のないもの
icon-check 定番を決める

この3つで
寝る前の読みきかせ時間は
十分に楽しめますよ。

ぜひにー。

ちなみにわが家で定番となった
寝る前の読み聞かせ絵本はこれです。
もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本) もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本) じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん) カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)

\楽天ルームのコレクションにまとめています/
楽天room

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。