絵本

【伝えるために】原爆・戦争の児童書

戦争関連のお話は
本当につらい。

二度と起こしては
ならないと

きっと
多くの人が思っている。

けれど
思っているだけではなく

拒否するために
知ることも大切だと思っています。

本当につらいけれど
拒否するために
知る。

そう思って
戦争関連の本は
読むようにしています。

終戦から75年すぎ
戦争を生きた人が少なくなりました。

最近の児童書では
現代の子が
資料や
調べて知ったことを
自分の経験にして
戦争をかたる本が
多くなってきたように思います。

むかしのこと(戦争)を
これからのこと(戦争)にしないために。

私も
子どもたちにも
読んで欲しい。
知っていてほしいと思います。

朽木祥さんのお話

今年よんで
心にグッと残ったのは
朽木祥さんのお話。
まるで
ノンフィクションのよう。

原爆前後の人々の生活が
私たちにすぐおきかえられるくらい

普通の生活に原爆の影が落ちている。

早く読み終わりたいと思うくらい
つらくなります。

created by Rinker
講談社
¥1,430
(2020/09/22 22:47:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
小学館
¥1,540
(2020/09/22 22:47:04時点 Amazon調べ-詳細)

模擬原爆を知る。

令丈ヒロ子さんのお話です。
さすが読みやすい。

模擬原爆。

この本をよんで
初めて知りました。

created by Rinker
講談社
¥1,320
(2020/09/22 22:47:05時点 Amazon調べ-詳細)

衝撃の絵本。

高学年くらいから。

なんて愚かだろうと
恐ろしくてたまりません。

created by Rinker
¥1,650
(2020/09/23 00:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

恐ろしく愚かなひみつ*この計画はひみつです この計画はひみつです posted with ヨメレバ ジョナ・ウィンター/ジャネット・ウィンター 鈴木出版...

戦争の本は
感じることが多く
なかなか文字にすることができません。

でも
こういうことこそ
積極的に文字にして
きっちり考えをまとめておくべきですね。

子どもたちの戦争体験~無窮洞(むきゅうどう)*夏に降る雪 納得はしたけど、実感はわかなかった。 戦争のお話。 今の子の感覚に 寄り添う 戦争のお話。 先日 記事にした...
今の感覚で知ること*ぼくのおじいちゃん、ぼくの沖縄6月23日:慰霊の日 沖縄慰霊の日。 夏になると 手にとることの多くなる 戦争関連のお話し。 読んでおかなきゃ。 ...
第二次世界大戦その時,ワシントンで日系アメリカ人に起きていたこと*マンザナの風にのせて第65回(2019年度) 青少年読書感想文全国コンクール課題図書 一覧はこちら http://hon64.net/?p=767...
あの頃の日本を少し*八月の金貨 あらすじと感想 ちょっと昔のおはなし。 お話しの中の お父さんとお母さん世代が 子どものころ 戦争中だったくらいの ...


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。