絵本

【ヨシタケシンスケ】大人がグッとくる絵本 厳選5冊

大人気作家 ヨシタケシンスケさん。

出版業界が厳しいという状況にあっても
2021年は11冊の作品を出版されています。
(挿絵・翻訳本含む)

どんどん出版される
ヨシタケシンスケさんの作品の中で
大人が読んでグッとくる作品を
5作厳選しました。

絵本を子ども向けと
切り捨ててしまうには
あまりにももったいない。

絵本だからこそ
感じることのできる余白が
自分との向き合い方
これからの自分の指針に
すごく効きます。

難解な自己啓発本より
疲れた大人の心にフィットします。

間口が広いからこそ
迷う絵本を
大人がより楽しめる目線で
セレクトした5作品をどうぞ。

ころべばいいのに

created by Rinker
ブロンズ新社
¥1,540
(2022/09/30 17:11:42時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント

負の気持ちも
閉じ込めない。
負の気持ちの扱い方。
絵本になると素直に認められるから
不思議ですね。
絵本マジック。

あらすじ

「イヤな気持ちって、自分じゃどうしようもない。そんなときはね……!」
イライラ、もやもやしたらどうする?
子どもも大人も共感すること、
間違いなし!
ヨシタケ流こころの処方箋。

出典元:ブロンズ新社

かみはこんなに くちゃくちゃだけど

ポイント

初見はそんなに
好きじゃなかった。
のに!のに!
驚きのしかけが。

大人だからグッとくるしかけ。
年を重ねれば重ねるほど
面白さが深まる絵本。

あらすじ

MOE絵本屋さん大賞2020第1位を受賞した『あつかったら ぬげばいい』の姉妹編が登場!
歌手になりたいと願う女の子、自分が何に向いているかわかったおじいちゃん、朝顔の花が咲いたのを発見した女の子…。
こんな時代だからこそ、日常に小さな希望を見つけたい。
どこかのページに、あなたがいるかもしれません。
子どもだけでなく、大人も何度も開きたくなる絵本です。

出典元:白泉社

あんなに あんなに

created by Rinker
¥1,188
(2022/09/30 19:10:51時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント

目頭熱くなる。
そんなんムリ。
ってくらい
ジンときます。

泣かせにきてる。
(子育て世代まんまとハマります。)

あらすじ

子育ては「あんなに」の連続。あんなにほしがってたのに、あんなにしんぱいしたのに、あんなに小さかったのに―。日常にあふれるたくさんの「あんなに」の中で、子どもは大人になっていく―。
大人気の絵本作家・ヨシタケシンスケによる、こどもと昔こどもだったすべての人に届けたい、ちょっと目頭が熱くなっちゃうやさしい絵本。

出典元:ポプラ社

このあと どうしちゃおう

created by Rinker
¥1,540
(2022/09/30 19:10:53時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント

死をテーマにして
前を向ける絵本。

たくさんの絵本を読んできても
初めて出会う視点でした。

一つのテーマを
色んな方向からみる。
さすがヨシタケシンスケさんとうなる絵本です。

あらすじ

しんだおじいちゃんがかいた「このあと どうしちゃおう」ノートがでてきた。「じぶんが しょうらい しんだら どうなりたいか」が、かいてある。「うまれかわったらなりたいもの」「こんなかみさまにいてほしい」……なんだかおじいちゃん、たのしそう。でも、もしかしたらぎゃくだったのかもしれない。ぼくだったら、どうしちゃおうかな。いま、いきているあいだに、かんがえてみよう!

出典元:ブロンズ新社

にげて さがして

created by Rinker
¥990
(2022/09/30 20:40:10時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント

囚われないことを
大人も子どもも
どんどん
プラスとして
進めたらラクになる。
気持ちのスイッチを変える絵本。

あらすじ

私たちが生きる世界にはいろいろな人がいて、それぞれが違う感情や言葉をもっています。
それらは自分だけのものなのに、大きな流れや「みんな」に飲み込まれて、自分を大切にできなくなってしまう。「逃げちゃダメ」と言われることが多い世の中ですが、どうするかは自分で決めていいし、自分で決めること。

「逃げずに戦うことの大事さを説くお話」がある一方で、「逃げることで新しい可能性に出会うお話」があってもよいのではないか。著者のそんな思いが込められた絵本です。

たくさんあるヨシタケシンスケさんの作品。
大人に響くグッとくる絵本を
厳選して5作品、紹介しました。

絵本選びのひとつの基準となれば嬉しいです。




インスタグラムでは
大人も楽しい絵本・児童書の紹介
リアルタイムで読んでいる本を紹介しています。

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。