*本のある暮らし+読み聞かせ=本好きな子に

児童文学

【レビュー】続きがきになる*ヨルの神さま

樫崎茜さんのお話は 言葉がきれいで好きです。 ジーーンと心にはいってきます。      以上の そして 思うことは… 『続きは〜⁈』 どれもこれも まだまだこれからなのに。 その終わり方が良さなのか⁇ 《ヨル神さま》については それぞれ…

出産の思い出とソファのおとも*十一月の扉

寝ている息子の横で、 本とアイス。 あー、至福。 1度目にこの本を読んだのは 息子出産時。分娩台の上。 促進剤効くまでに 時間があったので 分娩台の上で 読んでいました。 本を触っていると 落ち着くので ギリギリまで 読んでいたかったけど 助産師さんに …

クリスマス絵本とクリスマス児童書特集

クリスマス絵本と クリスマス児童書の記事を あつめました! 昨年のクリスマス絵本と はじめてのクリスマスプレゼントのお話。 はじめてのクリスマス絵本とプレゼント スポンサーリンク クリスマスまでの1ヵ月 カウントダウンで クリスマス絵本と児童書を特集しまし…

チーズ×ねずみの本

チーズとネズミは 切っても切り離せない。 ふたつがあるから お話が盛り上がるってものです。 『ねずみのアナトール』 人間の家に忍び込んで チーズや食べ物を 拝借することがイヤになった ねずみのアナトール。 自活して 家族を養うため チーズ工場に忍び込み…。 …

テーマが濃い重い。でも読みやすい。だから気を付けたい。*十一月のマーブル

テーマや設定が これからの児童書という感じがします。 それは ◯下手に友情を盛り上げない ◯友だちとの距離感が近すぎない そしてどちらのお話にも ◯LGBTのことが お話の中に盛り込まれています。 少し前の児童書なら 特別に扱われていたり お話の主軸に…

冬をたのしむ本棚

このサイトは…

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

イマコレ特集