絵本

【特集】うそについて考える*うその本

嘘(うそ)と
ひとくちに言っても
色々なうそがある。

これは
【うそについて考える】本いろいろ。

うそ×やさしい哲学

created by Rinker
¥1,430
(2020/09/28 18:21:15時点 Amazon調べ-詳細)

この絵本は
うそってなに?


ひたすら
問いかけてくれます。

いいうそ

わるいうそ

人に喜んでもらうためのうそ

装うためのうそ

庇うためのうそ

どんなうそならいいのだろうか。

だめなのだろうか。

うそってなんなんだろうか。

考えるきっかけを
わかりやすく与えてくれます。

ブックトークの結びに
よさそうです。

うそ×物忘れのおばあちゃん

created by Rinker
¥1,320
(2020/09/28 18:21:16時点 Amazon調べ-詳細)

痴ほうになった
ひいばあちゃんに
自分を忘れられた悲しさもあって

ピントの合わない会話に
話を合わすことができない。

だって
うそになるから。

そんなモヤモヤした気持ちを
抱えたまま

子どもの悩みを聞いてくれる
近所の植木屋のおじさんのところへ

そこに集まってきた
みんなの色んなうそ話を聞き,
うそのいろいろを知ります。

うそだけにしない
うそ

さて,どんなものでしょう。

男の子は
うそを納得できるかな。

うそ×少年×おじいちゃん(他人)

created by Rinker
¥1,650
(2020/09/28 18:21:17時点 Amazon調べ-詳細)

納得できない
うそ
まつわるお話でした。

この
男の子二人は
うそをついている感覚も
ないのかもしれない。

おじいちゃんがほしい!
おじいちゃんを作りにいこう!
そして,老人ホームへ


読後は
切なさ
悲しさが
心の多くを占めたけれど

子どもには子どもの思いがあって
会いに行かない時間も
大切だったかもしれないけど

子どもの時間と
おじいちゃんの時間の長さを
理解してよ!!

って,小学生男子に言っても
仕方のないことですね。

おじいちゃん
どんな気持ちでいただろう。

うそから始まった関係。
でも
絆はあった。

でもだからこそ
おじいちゃんは,
最後の数週間。

失望しながら過ごしたのではないか

それとも

楽しい思い出を
振り返りながらの過ごしたのか

おじいちゃんの気持ちを
知ることはできないけど
後者であってほしい。

うそ×守りたいもの

created by Rinker
あすなろ書房
¥1,430
(2020/09/28 18:21:18時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのうそ
主人公の境遇に
切なくもなりますが

その何倍も
ドキドキドキします。

守る強さ,嘘をついた責任* シャイローがきた夏 シャイローがきた夏 posted with ヨメレバ フィリス・レイノルズ・ネイラー あすなろ書房 2014...


うそ×思春期

created by Rinker
¥1,540
(2020/09/28 18:21:18時点 Amazon調べ-詳細)

小学生が
身近に感じられる
うその物語。

学校での顔
塾での顔
家での顔

子どもたちが
自分たちの世界の中で
精一杯生きている。

多面的に見れば
いろんなことがあるけれど
まだ自分の目でしかみれない世界。

いろんな目でみれば
世界は広がる。
うその気持ちを
わかってくる。
子どもの心は柔軟だ。

自分の殻でがんばる強さと弱さ*ハッピーノート あらすじと感想 不安定で 自信のない 子どもたちが たくさんいるお話でした。 自分の殻で 自分を一生懸命 守ってい...

 


考えてみると
物語はうそから
始まっているものも多いな。

【うそ】あっての物語か。




考えるうそがあれば
ゆかいなうそもあります。

【特集】ゆかいなうそ*うその本嘘(うそ)と ひとくちに言っても 色々なうそがある。 これは 【ゆかいなうそ】の本いろいろ。 うそつきな月 ダジ...

金の星社 > はじめてのテツガク絵本 >
『うそ』
うそ (はじめてのテツガク絵本)
作: 中川ひろたか
絵: ミロコマチコ
装丁: SKK Inc.
2014.6



童心社 > かんぱい!シリーズ >
『うそつきにかんぱい!』
うそつきにかんぱい!
作: 宮川ひろ
絵: 小泉るり子
カバー・トビラデザイン: コガシワカオリ
2009.4.5



ほるぷ出版 >
『おじいちゃんの口笛』
おじいちゃんの口笛
原題: KAN DU VISSLA JOHANNA
文: ウルフ・スタルク (Ulf Stark)
絵: アンナ・ヘグルンド(Anna Hoglund)
訳: 菱木晃子
装幀: 羽島一希
1995.2.28

あすなろ書房 >
『シャイローがきた夏』
シャイローがきた夏
原題: SHILOH
著: フィリス・レイノルズ・ネイラー (Phyllis Reynolds Naylor)
訳: さくまゆみこ
画: 岡本順
装丁: 城所潤
2014.9.30

福音館書店 >
『ハッピーノート』
ハッピーノート (福音館文庫 物語)
作: 草野たき
画: ともこエヴァーソン
2005.1


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。