児童文学

日々が上手く回っていない人へ*びんぼうの神様さま

created by Rinker
¥1,045
(2020/07/08 08:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

びんぼう神

びんぼう神<様>
ていねいに呼び

そして
びんぼう神様<さま>
つけるていねいさ。

その心の広さ。

ひとつひとつのことを
大切に思う気持ち。

なんだか
日々が上手く回ってないな~

って時。

大丈夫。

って

がんばろう。

って

そう思える。

バカがつく正直さを
もう一度見直そ。

この本をよんだら
きっと
明日もがんばれる。

スポンサーリンク


あらすじと感想

びんぼうの神様
住み着いた家の者が
どんどん貧乏になり
恨み節を聞くことがなによりすき。

福の神
住み着いた家の者を
どんどん裕福にしていく。

一方は邪険にされ

一方は祭られる

しかし
邪険にされるはずの貧乏神が

大切に祭られたとき
思うことは。

人を幸せにするはずの福の神が

裕福になれば
なるほど
強欲になる人間をみて
思うことは。

神様は 人を幸せにするもの?

神様とは 一体なにするもの?

それぞれの役目とは?
みんなの役目とは?
自分の役目とは?

地道に
がんばることが
イヤになった人によんでほしい。

地湧社 >
『びんぼう神様さま』
びんぼう神様さま
作:高草洋子
絵:高草洋子

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。