本と子育て

幼年童話の本棚はじめました。*5才長男編

先日,地元の新聞社主催の
ブックバザーがありました。

はりきって出かけて
色々な本を購入しました。

その中でも
多く手に取ったのは
幼年童話です。

絵本の
次のステップ。

新しい
おはなしの世界への入口。

とはいっても、

ひらがなは読めるけれど
1文字ずつ確認しながら
読んでいる長男には

文章として楽しむ幼年童話は
きっとまだ自分では読めない。
一人では楽しめない。

けど

準備できてるよ。
ここも読めるよ。

母が読みきかせしますよ。←これ重要!!

いつでもどうぞ。

って,手の届くところに
場所をもうけました。

それは
ここの本の楽しさを知ったら
その先にある
本の世界の楽しさが

ぐっとぐっと広がっていくから。

ここに夢中になるのは
1年後かもしれない
2年後かもしれない

まだまだ先かもしれない

でも
いつでも飛び込んでいけるように
母のとっておきを
準備しておきます。

ということで
私の本の収集癖が
絵本プラス児童書と
どんどん加速すること
仕方なし!

言い訳にもなる
話しでした・汗

どんな幼年童話をそろえたかは
また次回に。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。