児童文学

子どもがよめば微笑ましい。親は笑えない*まいごのしにがみ

created by Rinker
理論社
¥1,320
(2020/08/07 16:23:03時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

題名から
まいごのしにがみ
この
しにがみさん
仕事できないんだろうなぁ。

って
思ったけど

やっぱりそうだよね。

仕事できなくて
よかったよ。

ほんとに。

親目線でよむと
ゾッとする。

めでたしめでたしで
終わって
よかった。

子どもたちがよむと
ちょっと気弱なぼく

さらに気弱なしにがみ
との
やりとりを
笑って
楽しくよみそう。

私も
途中までは
楽しくよんでましたもん。

理論社 >
まいごのしにがみ
まいごのしにがみ
作:いとうみく
画:田中映理
デザイン:栗谷川舞STUBBIE DESIGN
2020.02

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。