児童文学

なんでもない特別な夏休みの始まり はじまり~*ぼくと未来屋の夏

終業式の日に読みたい本。

created by Rinker
¥402
(2020/10/28 07:30:04時点 Amazon調べ-詳細)

夏休みが楽しみになる本。

5分後になにが
起こるかなんて分からない。
それは
いつだってそうだけど

ってなったら
また別の話。

夏休みってなったら
もっともっと
特別な話。

夏休みには
なにか期待していい。

それが
夏休みのある学生の
特権だもの。

この本は
本当に
隅々まで好き。

フォント

ページの角のカット
色の入ったページ
本のケース

お話しだけじゃなくて
本の作りにまで 心惹かれる。

たのしい夏への
特別な本。

スポンサーリンク


あらすじと感想

普通の
のんびりした
小学6年生の男の子の
お話です。

終業式の日に
たくさんの荷物を抱えて帰って

夏休みが始まれば
お昼にそうめんを食べて

家の居心地のいい場所で
ゴロンってなって

宿題することを
あせらずのんびり

それでも
なんとなく宿題にとりかかって

そんな毎日を過ごす
小学6年生。

そんな平々凡々な
小学6年生の前に
現れた
未来屋:猫柳健之介
(推定年齢20代後半~30代前半)

彼の登場で
この小学6年生の
いつもの夏休みのに変化が。

そして追記がまたいい。

青い鳥文庫でも
出版されていますが
ダンゼン!!単行本がいいです。

もちろんお話しの内容は
単行本も文庫本でも
かわらないけど
本のもっている雰囲気が
まったく変わってくる。
このお話は
ゼッタイ単行本推し!

以前,紹介した
『少年名探偵WHO』

初めての探偵小説に初めての文庫本にどうぞ。*少年名探偵WHO-透明人間事件- icon-check 見開きごとに 挿絵が入っています。 icon-check 漢字には ふりがながついています。 ...

『ぼくと未来屋の夏』 から
生まれたのです!!

あんなに
おもしろいお話になって
飛び出してくるなんて!!
嬉しいですね~

こいういう
お話しの派生も
はやみねかおるさんの好きなとこです。

講談社 > MISTERY LAND >
『ぼくと未来屋の夏』
ぼくと未来屋の夏
作:はやみねかおる
絵:長野ともこ
装丁:祖父江慎 阿部聡 (cozfish)
2003.10.29

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。