絵本

夏の空をみあげたくなる絵本*くものニイド

夕立にあうと
心に浮かぶ絵本。

入道雲を見る季節になると
必ず心に浮かぶ絵本。

created by Rinker
¥1,320
(2020/10/25 15:37:26時点 Amazon調べ-詳細)

夏の爽やかな夕立に

夏の爽快な大きな雲に

こんなにも勇敢で
切ない物語があったなんて。

この絵本を読んだとき
だから
絵本はやめられない。


ひとりでうっとりしました。

しかし
この絵本の素晴らしさを伝えようと
お酒が入った席で
友だちに説明したところ・・・・・

「あ~だじゃれね」

違うわっ!!!

ち・が・う・よ!!!!!

う~~
あんな説明しかできなかった
説明ベタの自分がにくい。

いとうひろしさん
ごめんなさい(涙)
スポンサーリンク


あらすじと感想

だれよりも
すぐれたくもの巣を作る
くものニイド

色も形も
細工の細かさも素晴らしい

くもの巣大王とも呼ばれた
ニイド

そんなニイド
素晴らしいくもの巣に
ゴミを投げ込んでくる
不届き者がいます。

それは

ニイドの素晴らしい巣で
捕まえられないものなんてありません。

無論
だって。

ニイドVS

その行方は。
.
.
.

夏には
絶対絶対欠かせない絵本。

もう何回
読み聞かせしただろう。

どこか切なさを感じるからかな。
夏の間中
私の心にある絵本です。

ポプラ社 > いとうひろしの本 11 >
『くものニイド』
くものニイド (いとうひろしの本)
作:いとうひろし
絵:いとうひろし
編集:荻原由美
2006.7

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。