児童文学

初めての気持ち 初めての冒険 初めての大切な人*ふたり

created by Rinker
¥1,430
(2020/09/26 12:21:12時点 Amazon調べ-詳細)

中学生の頃
CDコンポを買ってもらい

初めて一人で聞いた
夜のラジオが

大人の世界を
垣間見たようなで
すごくワクワクしました。

そのあと
偶然、
深夜ラジオを聞く
男の子と話をして
盛り上がりました。

その男の子のことを
異性としては見ていなかったけれど
ふたりだけの秘密のような会話に
ものすごく特別なものを感じて
嬉しかったなぁ。

なんだかこそばゆくて
自慢したいけど隠しておきたいような。
小声で話したくなるようなドキドキ感。

そんな気持ちを
思い出させてくれたお話です。

(しかし遅くまで起きていることが苦手だった私は
すぐに深夜ラジオを
聞くことはなくなってしまったのだけれど。。。)

このお話にはそんな気持ちに
初恋の甘酸っぱさまで加わってて
にやにやしちゃいます。

あらすじと感想

6年生の男の子と女の子
秋口で受験組もいる中

クラスの雰囲気はよくなく
本当の自分を出せなくて
みんなどこかイライラして
そのはけ口を探している。

そんな中
はけ口として
いじめられている女の子<小野佳澄>

そんな彼女を
密かに助けた男の子<村井准>。

ふたりは同じ作家さんを
好きだということを知ります。

でも
学校ではふたりで
なんて話せない。

そこで
図書館での
ひみつの時間が始まりました。

待ち合わせして
図書館で読書をすることから始まり

好きな作家さんを
探す謎解きがはじまります。

ふたりが章ごとに
語り手となるので

それぞれの気持ちがよくわかり
まったく違う家庭環境の中

初々しくも
お互いを精一杯
思いやる姿に
やさしい気持ちになりました。

今のこの大切にしたいものの
気持ちがずっと続くのか

大人になったら
変わってしまうのか。

そんな漠然とした不安にも
寄り添ってくれるお話でした。

講談社 >
『ふたり』
ふたり
作:福田隆浩
画:

第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。