本の日々

仕事納め*2009

仕事納め。
最後に 本の整理をし 図書室の扉を閉めるとき
なんて幸せな1年だったのだろうと思いました。
本と純粋にに関われる仕事があり
その仕事に 私が就けている ありがたさ。
感謝の気持ちでいっぱい。
毎日毎日 本がたくさん詰まっている部屋の扉を開け 閉める。
今年最後に あの部屋の扉を閉めたときに
思うことは 感謝と幸せ この二つでした。
きっと 来年も色々なことがある
それでも この扉の前に立てることの幸せ。
感謝しよう。
また来年。
床ピカ