児童文学

子どもの強さを感じ大人の愛を知る*波うちぎわのシアン

今日の1冊*Instagram~

たくさんの島々からなる国。
その国の島の一つ《ラーラ島》。

そのラーラ島に
流れ着いた医師 《フジ先生》の作った孤児院で
お世話をしてくれる《ネイ》《リネン》 と
ネコの《カモメ 》。

色々な人(ネコ)のたくさんの愛情を受けて暮らす
孤児の一人《シアン》。

ある日子どもたちが
シアンの不思議な力に気づく。

それは
胎内記憶を呼び起こせること。

それは
孤児たちの悲しい記憶なのか
嬉しい記憶なのか。

シアンの胎内記憶は?

読み進めるほどに大人の深い愛と
子どもたちの傷に胸がキュッとなります。

斉藤倫さんのお話は
切なさの中に大きな優しさがあって大好き。
li0j.gif
*ランキングに参加しています*クリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ

li0j.gif
偕成社 >
『波うちぎわのシアン』
波うちぎわのシアン
作:斉藤倫
画:まめふく
装丁:名久井直子
2018.3