児童文学

若かりしころのサンタクロース*ヤング・サンタクロース

created by Rinker
¥1
(2020/09/23 22:17:43時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじと感想

サンタクロースの生い立ち。

生まれてから~サンタクロースとして
活躍するまで


お話。

そっか~~
サンタクロースって 苦労人だったのね。

プレゼントが
子どもたちに配られるわけ

って。

サンタクロースとしての使命
って。

トナカイたちとの絆
って。

お~~
エピソードが
たくさんありすぎて。

駆け足しで
お話が過ぎてゆく・・・

たくさんのエピソードが
ありすぎて。
なんだか途中のエピソードが すっぽりなくない?

もう少し
幼い頃のサンタクロースを
知りたかった

もう少し
おじいちゃん(?)になって
サンタクロースとして
本格的に活躍する姿も
知りたかったな

ということは
このお話し
題名通り
サンタクロースの青年期の冒険話です。

表紙の感じとか
文字の感じとか
ページのちょっとしたイラスト

などなど

本の中身の雰囲気

 プレゼントによさそう

ヤング・サンタクロース

じゃーん!

どうです
表紙だって
素晴らしく
クリスマスプレゼントっぽい
装丁ですよね。

小学館 >
ヤング・サンタクロース
ヤング・サンタクロース
作:ダニエル=レイビー,ルーシー
訳:桜内篤子

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。