児童文学

アウェーでの夏*トモ、ぼくは元気です

created by Rinker
講談社
¥1,430
(2020/09/24 01:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

雰囲気のいい本
おもしろい本は
表紙
物語の一部です。

この本のように。

この奥行きがある
商店街@大阪

ここを舞台に
夏のお話が
くりひろげられます。

ホームじゃない
アウェーで発揮する力

それを
ホームで発揮する強さ

ホームがあるから
アウェーで自由にできる。

ホーム
いくら暴れても
嫌になっても

自分の心の整理がつけば
帰りたくなる場所。

アウェー
忘れがちな自分を
思い出しやすい場所。

どちらも 大事にしたい。
スポンサーリンク


あらすじと感想

松本和樹・6年生

小学校最後の
夏休み大阪にいた。

家から
追放されたのから。

罪状 : 自分の家を
めちゃくちゃにしたから。

大阪の祖父母の家は
大阪の商店街の中にある
散発屋。

(表紙の一番手前に 書かれてい
ます。そこですそこ。)

icon-check 中学受験
icon-check 知的障害のある兄
自分のおかれている環境はわかってる。
でも
心がついていかない。
理解はしていても
納得できない。

そんな
もやもやした和樹が
家から遠く離れた場所で
すごす夏。

大阪の商店街のみんなは
気さくに悪気なく
和希にかまう。

うっとおしいだろうけど

せっかく
アウェーにいるんだから
流されちゃいな
和樹くん!!

これも
夏の成長。
夏休みだからのこと。

さすが夏。

講談社 >
『トモ、ぼくは元気です』
トモ、ぼくは元気です
作:香坂直
絵:佐藤繁
装丁池田進吾 (67)
2006.8.23

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。