*児童書・絵本・色々な本と暮らす

お金拾っちゃった。どうする?*めいちゃんの500円玉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を扱ったお話は
どのように結末を持っていくのか気になります。

なんであれ
生々しい現実を子どもたちに伝えるのは
どこまで伝えるか
どのように伝えるか
考えるところです。

このお話は
めいちゃんが500円玉を拾ったところから
お話が始まります。

もちろん
目の前の
落としたであろう人に渡しますが…

落とし主ではないそうです。

さてさて
どう処理します
その500円玉。

500円玉ってのがキーポイントですよね。
10円のような
親しみやすさもなければ
100円のような
使いやすい金額でもない。

どっしりとした
大きめのきらりとした
500円玉です!!
めいちゃんの500円玉
気持ち的には
こ~んなに大きな500円玉です。

さて
500円で何ができる?
何をする??

それ使っちゃうの?
それ使っちゃっていいの??

お気に入り:1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5 Loading...
li0j.gif
↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
絵本 ブログランキングへ

li0j.gif
アリス館 >
めいちゃんの500円玉
めいちゃんの500円玉
作:なかがわちひろ
絵:なかがわちひろ
デザイン:鈴木美緒
2015.12.20

スポンサードリンク

関連記事

冬を感じる本棚

このサイトは

司書16年目の本の虫。 1万冊以上の絵本・児童書にふれ, 思いをつらつらとつづっています。 読み聞かせ・育児・料理, 生活の中に本のある日々を 楽しんでいます。
スポンサードリンク

~本のある毎日~ Instagram

スポンサードリンク