児童文学

なんでもない時間を楽しむ*みちくさ劇場

荒井良二さんの描く 個性的な動物たちが
思い思いにみちくさです。

みちくさ劇場 みちくさ劇場
(1999/10)
荒井 良二

商品詳細を見る

みちくさって よりみちって
心地よい響き。
でも 実生活の中では なかなかできず。
さらに 実社会の中では なんだか悪のような雰囲気も。
みちくさって なんでもない時間だから
大人になると そのなんでもない時間を過ごすことが 難しくなる。
ただ時間を過ごすって 難しいのね。
でも なんでもない時間の過ごし方を忘れたくないから
みちくさよりみちを したくなるんだな~。
小さい頃は 気がつけばみちくさだった。 のに
今は 気にして みちくさだもんな。 
なんでもない時間を たのしめる本です。
~みちくさ劇場~
li0j.gif
ランキングに参加しています→クリックにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへお願いします。
お気に入り度: ★★
ティータイムに 度: ★★★