絵本

おばあさんに注目*しにがみとおばあさん

created by Rinker
¥1,540
(2020/09/25 05:35:45時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルだけでなく
表紙にも
ぞっとします。

本を開くと
シンプルながら
さらに絵が迫力を増します。

この本を
読んだ先輩が
おばあさんについて
興味深い見解を

1 寂しいの きっと。
2 だから 憎まれ口が 多く口をつくようにもなる。
3 少しの変化が 大きなことなの。
4 お家の中の描写が 的を得ている。

結果・・・
この作家さんは
おばあさんへの
観察眼がすごい!!!

ということでした。

ひよっこの私には
そんな見方が
できませんでした。

勉強に なりました。

これからも
世間のことに
たくさん触れつつ

お話しにも
触れて

ひとつのお話しから
もっとたくさんのことを
感じていきたい!
スポンサーリンク


あらすじと感想

さてさて
このお話しは
つい 「死にたい」
つぶやいてしまった
おばあさんを
しにがみが
お迎えにきてしまいます。

でも
やっぱり
おばあさんは
死にたくありません。

さあ
おばあさんは
しにがみを
どうやって
おっぱらうか??

生きていることを
日常を
しみじみと
感じる絵本です。

やっぱり
オンナは
つよいね。

この絵本が
『しにがみとおじいさん』だったら
きっとこうは
いかなかったでしょう。

大日本図書 >
『しにがみとおばあさん』
しにがみとおばあさん
作:鎌田暢子
絵:鎌田暢子
装丁:こやまたかこ
2007.9.20

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
励みになります。

○ はじめましての方へ
プロフィールはこちら

○ <子育てと本>はこのインスタで。
インスタロゴ

○ <本の紹介>はこのインスタで。
インスタロゴ

お問い合わせ・メッセージなどは
インスタからどうぞ。