児童文学

【大切なことは】世界を知る 人を知る*5000キロ逃げてきたアーメット

created by Rinker
学研プラス
¥1,650
(2020/10/31 17:31:34時点 Amazon調べ-詳細)

難民

ルーツの多様性

日本では
ましてや
地方にすんでいれば
実感としてはわかならい。
知らない。

それでも
このテーマがお話の
この本は
登場人物が
魅力的でかりやすく
訳も違和感なく
読みやすくて

理解しづらい
外国の文化にもとらわれず
すっと物語にはいっていきました。

これからを生きる子どもたちに
ぜひ読んでほしい。

あらすじと感想

一言も話さない
風変わりな転校生
アーメット。

そんなアーメットと
仲良くなりたい

アレクサ…(主人公 9才)

その友達。

アーメットと
話しをしてみたい。
アーメットが
喜ぶことはなんだろう。

そんな子どもたちの
純粋な思いが

マスコミを騒がせ
エリザベス女王も知ることとなる
大問題になります。

この転入生
シリアからの難民です。

9才で
シリアから
家族と逃げてきました。

逃げる途中に
妹は海で亡くなり
お父さんとお母さんとははぐれ
一人でイギリスに。

夜も昼も
赤いリュックを背負って
ひたすら歩いて逃げて。
.
.
.
想像を絶する。
いや
想像すら及ばない。

5000キロって
日本の端から端まで
歩いてもまだまだ遠い。

北海道の宗谷岬から
日本の国土の最南端、沖ノ鳥島まででも
約2,845㎞!!

でも
知ることと
知らないことでは
まったく違う。

だから
子どもたちに
こういう世界を
現実にあると知っていてほしい。
.
.
この話の何がいいって
大人がかっこいい。
(そうでない大人もいますが)

子どもに寄り添う。
子どもが寄り添いたくなる大人。

児童書のいいところは
大人が読んで
惚れ惚れする大人が
臆面もなく書かれているということ。

久しぶりに
先を知りたい
リアルを知りたいと思える

そして
どこにいても何をしても
ブレない優しさがある

いい児童書をよみました。

子どもも
大人も
読んでいて
ハラハラドキドキギュッとなる
お話です。

学研プラス > ティーンズ文学館 >
『5000キロ逃げてきたアーメット』
5000キロ逃げてきたアーメット (ティーンズ文学館) The Boy At the Back of the Class
原題:『The Boy At the Back of the Class』
作:オンジャリ Q. ラウフ(Onjali Q. Rauf)
画:ピッパ カーニック(Pippa Curnick)
訳:久保陽子
本文イラスト:二木ちかこ
デザイン:安東由紀
2019.12.3
London